伊豆の釣行情報を中心に、山梨県内外の渓流・湖にも釣行します。主にルアー・フライでしたが最近はボートの熱い釣果情報が多いです。その他釣り系ニュース・イベント情報など! since 2005

3/31の深夜からイカ釣りに出掛けてきました。
何カ所か覗きながら場所選定しましたがかなりの人出でした。
H.kumono氏と合流して一緒にジンドウ狙い。
振出ロッドを伸ばすだけの餌巻テーラ仕掛を投入し、
今シーズンも出番の無かったメバルのタックルをセットする。
とウキを見ると半沈みになってるので、聞き合わせをすると
既に乗ってました。
一投目から幸先良いスタートでジンドウゲット。

次いでH.kumono氏のエギにもジンドウが乗り、コレは
沢山釣れるかなと期待しましたが、その後はウキの変化も乏しくまったり。
メバル狙いも来るのはネンブツダイばかりなので、エギに切替えて
イカ釣りに集中する。
ジンドウが足元まで追い掛けて抱いてくるが、小粒なのか
なかなかカンナに掛からない。掛け損ね苦戦しながらも二杯追加する。
同行者にデカイアオリと思われる強烈な引きがありましたが
無理をして身切れしてしまいました。
明るくなってきたので南下する。
西伊豆を目指して転々とするも人出が多くロッドを出せないまま
かなり来てしまいました。
やっと出来そうなPでファミリーでヤエンをしている方にお声掛けし
隣に入れさせて貰う。
雰囲気は良いが、反応のない時間が続く・・・とヤエン2本の内、片方にアタリ。
子供達に教えながら余裕の寄せ・投入で難なくヤエン掛けてました。
浮いてきたアオリは胴長40cm~2kgくらいはありそう。
外れるかもしれないからしっかり見とけよー。と子供達を促しながら
ギャフを入れるも、なかなか決まらない。
しばらくしたらハズれてしまった(笑)
しかし、もう一本の方に即アタリがでてこちらも子供に任せてしまう
という余裕のやり取り。寄せ→投入でヤエンが掛かり目測1.5kgオーバーをゲットしてました。
我々も頑張らねば・・・
プチ移動したPで同行者1.1kgゲット。
私にはマイクロサイズが乗る・・・ノータッチリリース。
西伊豆アオリ

ちょっと粘ってやっとそこそこのがヒット。しかし、次第に風が強くなる。
仮眠して風を避ける為に伊東に移動、風裏のPへ。
しかし、雰囲気はムンムンなんだけどまったく反応がない・・・・。
伊東アオリ
粘りに粘ってやっとこ一杯・・・

これ以外、ベストタイムは無反応のまま終了。
キロアップを釣りたかったが、今回は諦め撤収とした。

<今回の釣果>
アオリ  3杯
ジンドウ 3杯
関連記事
コメント
この記事へのコメント
このブログに居候し続ける事を主に快諾いただいたので早速書き込みします。

週末の土曜日は何とかキープ1パイとは言うもののポイントに入って数投の内、その後は無反応。日曜はベストタイムにポイントに入るも全く反応が無い。それと干潮潮止まり前後が良い感じ。を検証すべく昨晩も伊東港に行って来ました。

伊東港白堤テトラ帯 19:00~20:30
予報では日にちが変わるくらいまでは南西の微風のはずが、ハズレです。現地は東よりの微風、私のへなちょこキャストだと飛距離が何メートルも落ちるのでいつもならばすぐに諦めるのに昨晩はちょっと心構えが違いました。
先ずは手前から、新テトラ陸側に入りキャスト・・・やっぱ飛ばない。萎えそうに成りながらも向かい風に押し流されてベイトが岸によるイカもつられて岸によるを信じてキャスト。風で当たりなんか全然判らないままラインを張るためにやるホール後最初のジャークで重たい。胴長20㎝のジンドウでした。おかずキャッチ。その後は反応が出ない。
先端側に移動。お立ち台2にエギンガーさん1人、平場に数名とやはり平日の夜は空いてます。
流木ポイントに立ちキャスト、陸側よりも少し風が強い、もっと距離が出ない。おきに向かう流れなら上手くラインを出せば何とかと思うも残念ながら流れは左から右へ、それでも彼方此方にキャストして探るも右側に流される。良い潮加減の時は流れている中に必ず空白ポイントが有りその近辺でヒットが多いが、それが無い。その上だんだん流れが速くなる ムム・・・移動
新テトラ際陸側に戻りキャスト、先ほどより風が強くなっている。潮の流れと風によるラインのふけとが相まってより一層エギが左から右へ、やはりここも流れの空白を探す。有りました空白地帯。流れと風を読んでキャスト、下手くそなんでなかなか決まらない。やっと思う所にエギをプレゼン出来た感じ、最初のジャーク、重たい。クーンクーン、ジー、居ましたよ、当たりましたよと喜んだのもつかの間、フッ、アッー。同じ所をシャクればとキャストするもへなちょこキャストではそうそう決まらない。残念。
その後もう少し粘ってタコさん1パイ追加で風が一層強くなったので断念して終了。

考察はまた後ほど。
2007/04/03(火) 09:37 | URL | H.kumono #-[ 編集]
先週から昨晩までの釣行での考察を私なりに試みようと思います。

先ずは春イカの状況
伊東港はイカ類採捕禁止エリアの施行が始まった。例年ならば海水温の関係で春イカの接岸はもう少し後なのだが、今年は少し早い感じです。
土曜、日曜の釣行では久しぶりにデイライトでのエギングが出来たのでテトラ際海藻帯にそこそこサイズのアオリイカが数ハイ確認できた。それもベアーに成りつつある感じだった。もう一つは春のでかイカシーズンに成ると現れる地元のエキスパートエギンガーさんがシャクリ始めた事。
またまだ有るけど書き込みに時間がかかるのでこのつづきは後ほどと言うことで、何せ仕事中なんでね。
2007/04/03(火) 12:21 | URL | H.kumono #-[ 編集]
やっぱりそう思います?
この陽気で既に春イカ寄りはじめてるでしょう。
東、西、沼津も来てるっぽいですね。
先日4.5寸を投げてたのは、やけくそではなく
もちろん一発を狙ってたからです(笑)常に2~3本は持ってます。
デカエギはアピール力も大ですし、遠投も楽で手返しも早いっすよー。
2007/04/03(火) 13:53 | URL | 山梨のイカ釣り師 #-[ 編集]

私の場合、タックル的にも腕力的にも4.5寸はきついので逆に振り抜けや空気抵抗を考慮して3寸をチョイスする場合が在りますが、風による糸ふけや潮の流れで明後日方に着底なんて事も在るので私としては3寸のDeepタイプを考えようかと思ってます。
春イカスタートですよね。
日曜日に地元のエキスパートエギンガーさん(実は私と同級)とラインの事、ロッドの事なんかで話す機会がありまして、先ずはロッドですが丁度89Deepを持っていたら「ここ(伊東港)の水深だとそんなに強い竿は必要無いだろう」と私もそれには同感。カラマの79ML-SJで十分なんです。
ラインについてはマーカーは絶対必要とのこと、春イカは断然駆け上がりに着いているのでギリギリを攻める為、根や駆け上がりの位置を覚えていてマーカーを目安に攻めるとの事。残念ながら私には未だそのようなテクニックは身に付いていないのと好みのラインにはマーカが付いていない、これからスキルアップしていかなければです。実は距離と水深を教えてもらったけどこれは私が自身で会得した訳では無いのでこの場では伏せさせていただきます。
春イカはある場所に集結する傾向が有り、彼はそこを探り当てて数を釣るとの事で昨年、一昨年ともに条件がピッタリはまった時は全てキロオーバーで2キロオーバーを数ハイ混じりでツ抜けもツ抜けの17ハイを午後の数時間でキャッチの実績有りなんですが、実は私も以前イカ釣り師さんと話したことも有るように沖から接岸してくるポイントが有って堤防際を回遊するコースもある程度決まっていて、その途中に立ち寄るポイントもある程度決まっている様な気がしているのです。その時の潮や水温、天候等の条件で回遊時間や水深や立ち寄りポイントに留まる時間が微妙に違うのではないのでしょうか。また、立ち寄りポイントには潮の通り具合とかベイトの溜まり具合などの好条件の所がきっと在るのだと思います。
地元のエギンガーさん達の動きを観察していると堤防内で小移動をしているのが解ると思います。
2007/04/03(火) 17:37 | URL | H.kumono #-[ 編集]
3.5寸のエギを動かす分にはおっしゃる通り、ライトロッドで必要充分でしょう。しかし、私のエギ歴での経験で
デカイ奴を何度も上げた結果の答えが、水深の為ではなく取り込みを早く
楽にする為、そして遠投力重視のハードロングロッドなんです(^^)
3.5寸未満を使わないのもカンナを伸ばされてから。
以前はロッドもリールもH.kumonoさん同様8ftのL~MLを使用し、エギも一番小さいので1.5寸なんてのを使ってきましたが、
デカイのも取れるようになり、次第にロッドは固く長く、エギは大きくなっていきました。
リールも長い事3000番を使っていましたが、軽量化とやりとりを楽しむ部分を残して
2500番を使う様になり、現在のスタイルに落ち着いてます。
柔いロッドの頃と比べると浮かせる早さ、寄せる力は段違いです。
さらに3000番だと仕事が早いですよー(笑)

>>春イカはある場所に集結する傾向が有り
伊東のこの前入ったポイントにもその様な場所があって、
3年前にピンポイントでオールキロUPが2kgUP混じりで夕方だけで15杯ゲットして、
うかれながらも何か天変地異でも起こるんじゃないかと心配した記憶があります。
伊東港にもそのような場所があるんですね~。
西伊豆にも一箇所そうだろうと思われる場所がありまして、
ツ抜けまで爆発はした事ありませんがやはり夕方の短時間に2kgupばかりを
6杯そろえた所があります。
ラインマーカーについては「なるほど~」です。
そこまで気にしていませんでしたよ。
いままで「この辺りの筈」って感じの勘の世界でしたから(笑)
2007/04/03(火) 18:19 | URL | 山梨のイカ釣り師 #-[ 編集]
ロッドについてはイカ釣り師さんの言われる通りです。私の場合同じポイントで最近、カラマレッティー79ML-SJとブリーデンの89Deepの両方でデカイカとまではいきませんがキロクラスを掛けて取り込みした事が有ります。断然ブリの勝ちです。両極端な仕様なんで違いが歴然。しかし、毎日のようにポイントに通っているとブリだけしか持っていなかった頃は3日目位に手首が痛くなってしまったのであります。シャクり方や私の腕の細さにも起因するのですが結構辛いです。(笑)
前筆のエキスパエギンガーさんはシーズンになると毎日のように来ては磯竿の3号をベースにしたハンドメイドロッドでしゃくっています。超軟なんです。私は本流トラウトロッドを一時期使っていましたがバットパワーに不満が有りカラマを買ったのですが、流石に磯3号は軟らか好きの私にもあいませんな。ロッドを間近に見ましたがバット部分を補強してある様子も無かったのでよりいっそう合わない気がします。でも彼は数を捕っているのは事実です。それと地元エキスパート達がそのてのロッドを使っているからなのか地元エギンガーさん達はライトロッドが主流です。
もう一つ、伊東港の地元エギンガーの特徴はは殆どシャクらない事です。スラッグジャークオンリーです。人それぞれパターンは微妙に違いますが大体同じ感じです。
今度伊東港に来られた時には是非に観察してみて下さい。面白いですよバリバリのエギンガースタイルでロッドをヒュンヒュン言わせてシャクっているエギンガーの殆どが遠征組。ライトロッドでサンダル履きとまでは言わないけれどエギをポケットに入れてるか、せいぜい小さなエギポーチでキャスト以外はロッドは鳴らず逆に小刻みにドラグの滑る音を響かせているのが地元組。どちらが良いのかは私には判りませんが黒鯛の落とし込みを「東京湾スタイル」と言うように「伊東港スタイル」とでも言った方が良いのでしょうかね。自分の知っている範囲ではジャークオンリーのスタイルは伊東港だけの様な気がするのですけどどう思います。
気の向くままに書いていますが、あんまり書くと地元で見ている方がいてバッシングを受けるといけないので程々にしないといけないかな。伊東港でシャクれなくなると辛いですからね。(笑)
2007/04/03(火) 20:12 | URL | H.kumono #-[ 編集]
H.kumonoさんから見て、私のシャクリ方は
どっちに近いですかねー?(笑)
それと、固いロッドで手首が痛くなってしまう場合の対策は
長いグリップを腕に沿わせて腕全体でシャクリをいれてください。
もうやってるけどダメ!ならばドラグをもっと緩めてみてください。
ロッドは軽くはなりませんが、だいぶ楽になりますよー。
もしくは小刻みに弾く感じで・・・先日見てましたよね。
あれだけの動きでも力が吸収されないので充分に跳ね上がってくれます。

固いロッドと伸びが殆ど無いPEラインの組合せでは
ジャークの衝撃が手首にダイレクトにきますので
ドラグに吸収させてやります。
ライトなロッドに使用感を近づけるって寸法ですな。
私も事務職なので超非力な部類ですよ(笑)
2007/04/03(火) 22:06 | URL | 山梨のイカ釣り師 #-[ 編集]
イカ釣り師さんのシャクリはですねどこにもはまらないような・・・。
適度にシャクリ、適度にジャーク、流れや底の具合やらイカの活性やら諸々の状況を判断して組み立てているそんな感じ。私と違い決してワンパターンに成っていないのが腕の違いですな。
名付けて「山梨のイカ釣り師スタイル。」

アドバイスありがとうございます。
ドラグについてはキャストの時にズルと滑らない程度に調整、その後ジャークの時の滑り具合をジッ音を判断に微調整してます。比較的揺る目のような気がしてます。
イカ釣り師さんが兆非力なら私は景非力なんです。(笑)
またご一緒させて頂き勉強させて下さい。
2007/04/04(水) 09:01 | URL | H.kumono #-[ 編集]
おふた方のハードコアなお話について行くのがやっとでしたww
なるほど~自分は伊東地元スタイルからかけ離れたシャクリしかしてないですね・・・
ただ、冬場はこのシャクリとは異なるやり方でキロを連発したこともあります。
産卵目的の個体と捕食目的の個体とで釣り方が違うんですかね?
Kumonoさんのおっしゃる通り最近はスラッグ系のシャクリの方がレスポンスがいいように感じています。
近々、伊東に遊びに行くんでお二人にお会いした際は色々ご教授ねがいます。
2007/04/04(水) 11:29 | URL | おくってぃ #-[ 編集]
未だ現場ではお会いしていませんが、
伊東に行けばご対面できそうですね(*^-^*)
その時は並んで釣りしましょうね!
2007/04/04(水) 21:53 | URL | 山梨のイカ釣り師 #-[ 編集]
コメントを投稿する
ホームページURL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atiati7.blog71.fc2.com/tb.php/230-183d961e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック