伊豆の釣行情報を中心に、山梨県内外の渓流・湖にも釣行します。主にルアー・フライでしたが最近はボートの熱い釣果情報が多いです。その他釣り系ニュース・イベント情報など! since 2005

DUELのHPに鯛ラバ動画の続きがUPされました。
SALTY RUBBER 関東攻略[特別編]ということで、
大原マダイに沖釣りのスペシャリスト大塚貴汪氏が
SALTY RUBBERで挑戦!パート2

SALTY RUBBER 関東攻略[特別編]
大原のマダイに大塚貴汪が挑む PART.2


再生にはQuickTime Playerが必要です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
母方の叔父が亡くなりまして、葬儀も無事終了。帰宅したのが午後3時。夕間詰めのエギングに一休みしてから出掛けるのに丁度良い時間。

伊東港白堤テトラ帯 16:00~20:00
ピンポイント天気予報によると北東の風がそこそこ吹いていてだんだん弱まり、夕間詰め頃にしばし風が止まる予報に期待して出掛けて行きました。
現場に着くと北東風が結構吹いていたようで低い所に位置する立ち位置はことごとく波を被っていた。先ずは最近熱い新テトラ前に入り向かい側からの微風に悩まされながらも頑張っているいると、常連エキスパートエギンガー登場。私の横でサクッとカレーパンサイズをキャッチ&リリース。その後当たりが遠のいたので、先端側のテトラ帯中程に移動していきました。エキスパートさんが先端側に移動したので何かあると思い、私も流木ポイントに移動。幸い潮が引きだしたのと風が弱まったのとで波がかぶらない。そこでもエキスパートさんはサクッと500g位をキャッチ。その後、エキスパートさんは新テトラ際沖側に私もお立ち台2に移動。そこでもエキスパートさん800g位のをキャッチ。
以前、2㎏超えの話で「何か有るんじゃない?」と言われたがきっと何か有るのだろうと時々様子を見て真似してみたがさほど違いが無いような気がするがきっと微妙な違いで大きく差が出るのだろう。結構沈めているので私も真似してみたが不用意に沈めすぎて海藻の根本にフッキングで1ロスト。まったく未熟者です。
他の常連さんもビニール袋をぶら下げて引き揚げて行ったのでサイズは出てませんが数はそこそこにの様です。どうも「ボ」は私だけかも。この処本当に獲れてない上にエギのロストが多い。完全にスランプに陥ってます。
何が悪いのか判らずに迷走状態。早く脱したいです。

最近の伊東港常連さん達の流行はなんちゃってロケッティアです。あのシステムは上手くハマルと飛距離が出ますね。私のキャスティングフォームだと不向きなシステムですが、この機会にキャストから見直さなければいけないのかも知れません。
 

2007/05/29(火) 15:29 | URL | H.kumono #-[ 編集]
前回の伊東イカ情報で書いた伊東港常連さん達の流行、「なんちゃって○○○」を私も試してみようと思い、娘を塾へ送り迎えのわずかな時間を利用して伊東港でシャクリました。

伊東港白堤テトラ帯 20:00~20:40
先行者は古テトラ帯中程から先端にかけて電気浮きが数個、お立ち台2にエギンガーさん、新テトラの比較的陸側にもエギンガーさんで相変わらず採捕禁止エリアにも・・・。
導入の検討が主な目的なので足場の良い所が良いので、お気に入りの流木ポイント辺りを考えていたのですが、前筆の通り先行者有りで結局新テトラ際沖側に入りました。
先ずは通常のキャスト、着水点を把握。シャクるが反応無し。その時にお隣、お立ち台2のエギンガーさんキロ弱をキャッチ。「やれやれ今日も自分以外か」などやな予感が・・・。
次はいよいよなんちゃってのテスト。ライト無しでも比較的セットは簡単に出来た。しかし、キャストは私が普段やっているキャスティングフォームと違うのでなんかぎこちないキャスト。飛距離はあまり変わらない感じ、ちゃんとシステムが作動しているかラインを張りそのまま巻き取りチェック、リーダーが絡まることなくOK。新システムでの2投目、やっぱぎこちないキャストで飛距離は変わらず。今度はシャクるが反応無し。続いて一応ノーマルでキャスト、飛距離変わらずフォール、ジャーク2、フォール、シャクリ、ジャーク3、フォールで違和感。半信半疑で軽く合わせると乗りました。引きは弱いが確かにアオリの感触です。抜き上げてキャッチはカレーパンサイズでしたが久々のアオリイカ、嬉しい。海にお帰り頂いて引き続き新システムのテストです。
試しに通常のキャスティングでやってみしまたがやはりバックの時点で外れる。フォームが違うのでライナーやらテンプラやら上手くいかない。段々ストレスが・・・。
渓流ルアーが本業なんでどちらかというとコンパクトなキャストが身に付いている私、場面に応じてフォームを変えるほど運動神経が達者で無い上に中年で益々衰えが見えてきたので、私には不向きなシステム。と言う結論で購入したビーズはスナップなどを入れているボックスから購入時の袋に戻されエギポーチのポケットに入る事にに成りました。
このブログの主、イカ釣り師さんのキャスティングフォームならばっちりはまるはず。もともと飛ばし屋な上に飛距離Upなシステムで最強に成ると思います。

新システムテストデーター
ロッド:GOCPS-862MH
リール:TZ-2500SCエギスプ
ライン:山豊テグスSW-RE0.8号
リーダー:ヨツアミ 海藻ハリス1.7号
スナップ:エバグリ ラウンドスナップ
ビーズ:オーロラビーズ3号
エギ:エギ王Q3.5寸PK、カンナ1本伸ばし

今回のこのシステムはシステム自体を何らかの形で登録しているはずです。本来ならば真似すること自体がいけないのだと思う。皆さんは是非に製品を買って試してみて下さい。ちなみに伊東では手に入りません。
2007/05/30(水) 10:35 | URL | H.kumono #-[ 編集]
レポありがとうございます。
「なんちゃって○○○」は、すぐに
やってみようと思ってました。
カンナを固定するのになにを使うかをずっと思案していた所です。
ビーズはソフトタイプでしょうか?
私ははさみで切るタイプのゴム管なんか
どうだろうか?などと考えていながら
結局なにもしてない次第です(^^;)
カンナはやはり上側が良いのでしょうかね?
2007/05/30(水) 10:55 | URL | 山梨のイカ釣り師 #-[ 編集]
システムですが、昨日仕事の途中に行き付けの釣具店にお立ち寄り、エギとソフトタイプビーズをレジに出したところ「なんちゃって○○○」の本来のシステム名を言われちゃいまして完全に見透かされてました。
その時に出したビーズを見てこれだと穴が大きいな、ソフトだと何とかでトラブルからハードが良いよと言われて今一度ビーズの陳列棚に逆戻り、何となくフットボールみたいな形状のだとラインの当たるところが鋭角に成ってよろしくない感じがして球型の奴にしました。何となくアピールも少し考えて色はピンクのオーロラにしてみました。一応ビーズは使う前に穴のバリをちゃんと削って使用しました。
カンナは一番後ろの上が主流の様なので私もそれに習い、常連さん達はアオQが主体ですが私はお気に入りのエギ王でアイの形状的にスナップで連結、リーダーを背に這わせてセットした感じはベリーグーでした。
私の記憶が間違っていなければ、発砲タイプのシモリ浮きを使う人も居るとか。
何となくアオQの場合装着されているスイベルが曲がるのでは?と思いますが伊東港常連さん達の殆どが問題なく使っているので大丈夫なのでしょう。それと海中からラインと共に回収した4寸のGT-4がそれ仕様に成っていましたがスイベルが曲がっているような事は無かったのでね。
聞くところによると上手くタイミングが合うと1.5倍位飛距離が伸びるとか。イカ釣り師さんがこのシステムを使い出したら飛びすぎてスプールから糸が全部出てしまうのではないですか。
2007/05/30(水) 13:30 | URL | H.kumono #-[ 編集]
お久しぶりです。
足は全開治りましたよ(⌒~⌒)

今週の土曜に、晴丸に乗ろうか迷ってますわ(^^;
一人じゃ寂しいしねぇ。
太刀とかサバが釣れてるみたいですよ。
どうしようかなぁ・・・・
2007/05/30(水) 16:35 | URL | カツ #-[ 編集]
釣友のT.Okamoto氏から電話をもらったのが19:30「甲府を出て伊豆に向かってるけど西と東どちらが良い?」って話をしていく内に明日も仕事有るみたい。お馬鹿な人です。
私も最近低迷のスランプを脱する為の秘策実行の為、イシグロに資材調達に向かっている最中だったので「伊東港においで、お付き合いしますよ。」って私も相当なお馬鹿さんです。

伊東港白堤テトラ帯 22:00~26:00
イシグロからの途中、息子を塾からピックアップして帰宅、夕食を摂り、秘策を施しいざ出撃です。
T.Okamoto氏は未だ来ていないって甲府から八王子経由でこの時間に到着してたら化け物です。
流石にウイークデイの夜遅い時間、がら空き。でもお馬鹿さんは私だけでは有りません。泳がせさん2名、エギンガーさん2名、禁止エリアに数人。
先ずはお立ち台2に入り、秘策故に慎重にキャスト。一投目からエギが沈んで行きません。「あれ?」って聞き合わせすると当たってます。残念ながら巻いて来る途中ですっぽ抜けましが筒の細長い奴のようです。
2投目も沈みません、これは微かな当たりを感じてキッチリ合わせてキャッチ。胴長20㎝位のジンドウ、ゲット。秘策の不安が有ったので取り合えず本命エギはセットせず、私的には出番の少ないアオQ3.5寸ピンクマーブルでした。何投かで不安が解消されたので本命のエギ王Q3.5寸ピンク金テープをセットしてキャストー。いつものジャークに続く私のパターン、1セットのホールでモゾッ。バシッと合わせて乗りました。秘策故にいつもよりほんの少し緩めのドラグが鳴きます。おチビではない感触で久々のアオリの引きです。
ウレシーッ!秘策大当たりな感じ。
お久しぶりにアオリ、キャーチ、1.7Lb(770g)ゲット。
潮が左から右に流れ出した、ので移動。新テトラ際陸側での2投目でゆっくり持って行く当たり、合わせを入れたが少しドラグを出したところで抜けました。残念だがこのパターンが今も生きていることに感激。低迷していたスランプ期には当たりすら出なかったのでここでも秘策の有効性を実感。その後は当たりが無いので移動。
新テトラ際沖側に移り数投するうちにT.Okamoto氏登場、確か233:30頃かな。途中網代に寄り道とのことで、氏はお立ち台1に入り二人並んでシャクる。様子を聞かれたので秘策大当たりでルンルン気分スランプ脱した旨を告げたのです。そうこうするうち秘策の不安要素を完全に払拭していたので伊東港定番のGT-2投入。で、また乗りました。1.6Lb(730g)♂アオリ、氏のおみやげにキープ。
その後、新テトラ際陸側が気になる流れが出るたびに行くも、お一人のエギンガーさんが粘っておられて入れず。行ったり来たで、結局新テトラ際沖側で今一度当たりをとらえたが残念ながら少しドラグを出したところで抜けてしまいました。

今回の釣行は低プレッシャー、潮回り、天候、月明かりなどの条件だけではかたづけられない、秘策の確かな効果を感じた。今の処、一緒にシャクったT.Okamoto氏だけが知っているが良い情報はみんなで分かち合う主義の私、近々公開します。
エキスパートの方々には既に当たり前の事かもしれないのでその時は笑わないでやって下さい。
2007/05/31(木) 10:47 | URL | H.kumono #-[ 編集]
>>カツさん
完治されましたか?
いまはタチよりイカを釣った方がいいかも
しれませんよ(笑)

>>H.kumonoさん
スランプ脱出されましたか?
ルンルン気分が伝わって来ますよ(^^)
またなにか小細工をされたんでしょうか?
秘策のUPを楽しみにしてますね。
2007/05/31(木) 13:30 | URL | 山梨のイカ釣り師 #-[ 編集]
コメントを投稿する
ホームページURL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atiati7.blog71.fc2.com/tb.php/261-9034d440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック