伊豆の釣行情報を中心に、山梨県内外の渓流・湖にも釣行します。主にルアー・フライでしたが最近はボートの熱い釣果情報が多いです。その他釣り系ニュース・イベント情報など! since 2005

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイワさんでこんなの受注開始されました。
ルアースタイルとかフライスタイルのi-dollが欲しいかも?

料金前払制でi-doll(イメージ人形)が35000円、
魚タペ(タペストリー兼タオル)が5500円(税・送料込)です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
会社でろくな事がなかった日は定時に退社して釣りに行くのです。

伊東港白堤テトラ帯 17:30~18:00
本当は宇佐美奥の小堤に行こうと思ったが、とりあえず伊東港に来てしまったやはり最近釣れていないらしく空き空きでした。お立ち台2に乗りスタート。何となく釣れる気がしない、そうこうしているうちに常連さんが来た。「早っ」「会社は5時までだからね。」と挨拶を交わし、数投すると電話で娘からピックアップ要請が有り、撤収です。

娘を伊東駅でピックアップして自宅に帰る。どうせだから着替えて当初の予定通り宇佐見港奥の小堤に行くことにした。

宇佐見港奥小堤 18:30~20:30
現場に着くとここの常連のエギンガーさんと泳がせのお方が先端左横のほうかいブロック(通称トウフ)に乗っていた。堤防先端に見物のおっさん、私は堤防の先端でスタート、数投する内に根が有るのを忘れていて沈めすぎ根掛かり、比較的近場でラインに角度が有るので回収器を送り込むと回収器が中層を過ぎた辺りで張っていたラインが急に切れました。回収器の不具合ではなさそうです。あくまでも想像ですが回収器にカマスがバイトしたと思われます。何せスパッといってましたから。
ラインシステムを組み直している間にエギンガーさんお帰り、泳がせさんは移動してエギンガーさんが居たトウフの右角へ。リーダーを付けて投げようと正面を向くと目の前に電気浮きです。これを機会に空いているトウフの左角にお声掛けして入れてもらう。すると泳がせさん「なんでそこに移動したの、良い所だったのに」「アンタの電気浮きが・・・」と言いかけてグッと飲み込んで「元々ココが好きなんで」と答えた。少しお話「この処毎晩キロ上獲ってる」をしながらシャクっていると、泳がせさんに当たり、しかし、バラシあまり大きくなさそう、当たり頻繁だがバラシまくりの泳がせさん。堤防の先端側を狙っているので流れが左から右に変わり途中から払い出すように成ったのでこのチャンスに正面、そうサンハトヤから伊東港方向を狙うことが出来た。するとドンピシャ。ヌッと当たりが出て合わせで乗りました。さほどではない500g位をキャッチ。ヒットエギは定番アオQ3.5寸GT-4下ろしたて新品なのに背中囓られちゃいました。お持ち帰りの処理をし、ぬるぬるが取れなかったのでエギをエギ王Q3.5寸オレンジ金テープに替えてキャスト。何かまだ獲れそうな予感を少し感じながら2投目。サンハトヤ方向に潮がどんどん払い出しているラインを出しながらエギが浮き上がらないように送り込み、ジャーク3発、エギが流れに引かれまっすくに成るタイミングでシャクリでホールを5セットでそろそろ海藻が掛かるくらいの所かと思いながらジャーク、シャクリ、ホールで違和感。シャクるとロッドが戻される位の衝撃、「やってしまったか」とリールを巻き、ラインを張りロッドを立てて聞くと寄ってくる「ヒット?」確かにアオリらしき引きだが一気に走る事はなく重たい、時折グングンと短くジェット噴射がトルクフルである。ポンピングで寄せて水面近くに来た感じの辺りで少し走るがさほどでもない。しかし、重たい足下まで寄せてライトで照らされたイカの大きさにビックリ「デカッ!」ギャフ打ちの段階で2回ほど走られたがテトラと違い足場が安定しているうえに海面まで距離が無いので上手いことキャッチ。「もうこれで充分。」写真を撮って、〆て手持ちの買い物袋の中で一番デカイのを出したが先っぽが袋から出てしまう。泳がせさんに「お先に」と挨拶をしてそそくさと車に戻る。戻る途中で姫に電話「デカイの獲れちゃった。確か親戚近所に住んでたよね。」と興奮気味に喋りお届けするつもりでいたが、結局取りに来てくれるとのことで伊東港にて待ち合わせ。伊東港に移動して姫を待つ間メール打ちまくりでした。
検量結果は5.8Lb(5.8×0.454=2.66㎏)♂アオリイカ
ヒットエギは姫への初献上のイカを掛けてくれたエギ王Q3.5寸オレンジ金テープ、前回スミをたっぷりかけられた上に囓られてボロに成っていたが、またもや囓られより一層ボロボロに成ってしまったがデカイカキャッチの勲章です。
姫が来てくれた。これ少し大味だから「でかイカリング」用ね。これ食べ頃「お刺身」用ね。と大小2ハイのイカをさしあげて、子供をお母さんにお願いしてきたらしいので少しだけお話をしてお別れ。

伊東港が終わる頃からが狙い目の宇佐美港奥の小堤 大正解
2007/07/06(金) 02:16 | URL | H.kumono #-[ 編集]
訂正
タイトル:伊東→伊東イカ情報
ポイント:宇佐見→宇佐美
です。

いつもと違うPCだと勝手が違います。
2007/07/06(金) 02:36 | URL | H.kumono #-[ 編集]
おー今期二発目ですね!おめでとうございます。

さほど離れていないのに、伊東港は全然ダメなんでしょうか?
2007/07/06(金) 09:16 | URL | 山梨のイカ釣り師 #-[ 編集]
最近常連エキスパートの姿は無くてな感じ。
先週の金に行って以来、日曜の朝ほんの少しシャクった位で天候の具合などでお休みしてましたから自身では確認出来てませんが、良い話を聞きません。人が少ないのが状況の現れかと。
宇佐美奥はこれからが熱いですよ。確か去年もこんな時期かと思います。明るい内はカマス釣ってましたから。
見た目は3㎏Upかと思うばかりの迫力でしたが精子たっぷり出した後なのですかね。見た目より軽かったです。
2007/07/06(金) 10:01 | URL | H.kumono #-[ 編集]
胴長46、7cm越えならば3kgある個体
だと思いますが、引きの説明からすると
ヤセヤセっぽいですね。
2007/07/06(金) 10:04 | URL | 山梨のイカ釣り師 #-[ 編集]
コメントを投稿する
ホームページURL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://atiati7.blog71.fc2.com/tb.php/278-81637e55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
/g1010/g201/g304/【指定した番手のフライラインで、十分な負荷を感じ取れるアクション】を実現し、キャスティングに重要なアクションが取り易いロッドに仕上げたフライロッドがロッホモア・プログレッシブ・シリーズ。クラスを超えたアクション、そして完成度とその仕上が
2007/08/01(水) 20:57:06 | フライを攻める
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。